OB・OGメッセージ

OB・OGメッセージ
を叶えた先輩たち!
SYUDENT VOICE
河瀨 もえか
就職先医療法人社団 永光会
介護老人保健施設 せんだの里 内定

 中学の時にチャレンジウィークで実習に行かせていただいた時、人のためになる仕事に就きたいと思い、内定をいただいた施設に就職をしました。
 就職活動では、志望理由を一緒に考えていただいたり、面接練習に付き合っていただきました。
 これからは、話しやすい介護福祉士を目標に、利用者の方とコミュニケーションをたくさんとり、相談しやすいと思っていただけるように頑張りたいです。

OB VOICE 平成10年度卒業
神辺 真介(昭英高校 出身)
現 在医療法人社団まこと会
通所介護施設 ふれあい野上 勤務
施設長・生活相談員

 現在、入浴、食事等、日常生活動作のお手伝い、利用者様、ご家族様からの介護相談をしています。
施設に来られた時、難しい顔をしていた方が、笑顔で帰られた時はとても嬉しいです。亡くなられた利用者のご家族の方から「ありがとう、幸せでした」と言われた時は、この仕事に就いて良かったと思いました。
 施設実習指導者として後輩を見て感じることは、勉強したい!という気持ちがよく出ています。1つ1つの課題を乗り越え、コミュニケーションの大切さを理解しようと頑張っていますね!
 介護の仕事で大切なことは、コミュニケーション能力だと思いますので、苦手な方もまず声をかけることを第一に考え、会話を広げてほしいです。
 福祉の現場に限らず、どんな仕事も大変だと思いますが、その中で自分なりに楽しみを見つけ、一緒に楽しむことが大切だと思います。

OG VOICE 平成15年度卒業
守本 加奈美(広島県立河内高校 出身)
現 在社会福祉法人 泰清会 特別施設入所者
生活介護事業所 サンライズ港町 勤務
リーダー職員

 私は医療、福祉の中で人と関わる仕事をしたいと思った時、パンフレットを見て、楽しそうな学校だなと思い、福山福祉専門学校を志望しました。
現在、新人職員の指導、入浴支援、排泄支援、食事介助、記録の確認をしています。
 私は真面目な生徒ではなく、先生ともぶつかる事もありましたが、どんな時も真摯に向き合い、見放したりせず、最後まで指導してくださった先生と出会えたことが、今の介護職を続けられている原点だと思います。
 同じ時間を共有していく中で利用者さんから教えていただいたりする時や、看取り介護した後もご家族の方から「ここで最期までいれてよかった」と言われた時や利用者さんから「いつもありがとう」と言われる言葉を聞いた時、この仕事に就いてよかったと感じています。
 私の働いている職場では、法人内に保育園があり、利用していました。職場の近くにあるので、何かあった時にはすぐに対応することができ、シフトなどは子育てに応じて配慮してくれたり、熱や病気の時なども休みやすく、働きやすい環境です。

PAGE TOP