BLOG

春季研修in鞆の浦

5月21日(火)

【福祉施設を利用する方々に鞆の浦という町を楽しんでいただきたい!!】

そんなプランを立てるために、まずは、『鞆の浦』を知ること。

2年生全員と、事務長さん、西森先生、小林先生、河田先生で鞆の浦を散策しました。

午前中は、まず私たち自身が、鞆の浦という土地を知るための学習です。

『対潮楼』『常夜灯』そして、『歴史民俗資料館』。『歴史民俗資料館』では、館長先生の熱心なお話を伺うことができ、鞆の浦の町の方々の熱い思いを知ることができました。

午後は、グループに分かれての散策でした。

ポニョの家と鞆の景色を楽しんだり、鞆の浦@Caféでお茶をしたり、船番所跡や初場で、ゆっくり海を眺めたり、それぞれに、事前調査、計画していたところを巡りました。また、散策の途中には、「この辺で写真を撮ったらよいですよ。とか、「トンビに気を付けてくださいね」とか、町の名称の由来の話を伺ったり、いろいろな方々から声をかけていただき、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

学校に帰ってからは、実際に歩いた行程をもう一度、外出行事プランに立て直しました。

たくさんの場所を巡るのもよいが、ゆっくり海を眺めたり、のんびり喫茶をしたり、町の人とお話しするのも良いとも感じたようでした。

 お天気に恵まれた一日。学校という場所を離れて久しぶりに楽しんだ一日ではなかったのではないでしょうか。

第25回卒業証書授与式

PAGE TOP